「水悅星」

一個星球毀滅的故事。在久遠的時空裏,有一個星球狀似水晶,整顆球都是水構成的,猶如荷葉上的露珠懸掛在宇宙的某個角落,距離地球
七千萬光年之遙遠這顆星球的名字叫「水悅星」


“Amaquarius”
The story of a planet destroyed. In ancient time and space, there was a planet shaped like a crystal. The whole planet was made up of water, and like a drop of dew on a lotus leaf, it hung in a remote corner of the universe, 70 million light years away from Earth. The planet's name was “Amaquarius”.

 
水悅星
星が壊滅する物語です。大分昔の時空にある星が水晶と似ています。その星が全て水で構成しています。荷葉の露のように宇宙のある隅にあり、7000 万光年離れています。
この星の名前は「水悅星」と言います。